朗報!IS12TにもWindowsPhone7.8アップデート配布

Windows Phone 7.5搭載Nokia Lumiaシリーズ、および、HTC Rader向けのWindows Phone 7.8アップデートが31日にリリースされました。さらに、日本で唯一のWindows Phone 7.5端末であるIS12Tにもアップデートが順次登場しているとのことです。IS12Tは2011年7月にauから発売された、東芝製の世界初Windows Phone 7.5端末で、日本で発売された唯一の「Windows Phone」端末になります。ユーザーはZune Software経由でアップデートすることができます。

Windows Phone 7.8は、NTカーネルに移行したWindows Phone 8の新機能の一部が実装されたWindows Phone 7系列の最新版になります。ちなみに、Windows Phone 7系列はWindows CEをベースとしているので、Windows Phone 8にアップグレードすることが不可能です。

主な新機能は以下の通りです。

ライブタイルの大きさ変更が可能になりました。小、中、大の3種類の大きさから選べるようになったことで、ホームスクリーンの自由度が高まります。大きさによってライブタイルに現れる情報量も変わってきますから、必要なものは大きく、あまり重要でないものは小さくしておけます。

002

Windows Phone 7.5では、タイルに使用できるテーマカラーは標準の10色と機種オリジナルカラーの1色の計11色でしたが、7.8では標準色が20に増え、計21色となりました。

004

Bingのトップページに掲載される日替わりの画像に合わせてロックスクリーンの画像も変わる機能がつきました。パソコン向けにもこの機能を持ったソフトウェア「Bing デスクトップ」が以前から公開されています。

006

意図しない操作によるデータ消去のリスクを避けるため、Windows Phone 7.8 では一定の回数以上、誤ったパスワードが入力されると「A1B2C3」の入力を促すメッセージが表示されます。「A1B2C3」と入力した後に正しいパスワードを入力すれば、端末を初期化されることなくロックを解除することができるようになりました。これは子供に勝手に操作されることを想定したオプションで、誤って電話機の中身が空っぽになってしまうのを防ぎます。 

[かのあゆブログ  via  気になる、記になる…]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます