Xperia Tablet ZからXperiaシリーズへ給電を行うmicroUSBケーブル登場

エレコムは26日、4月13日に発売すると予想されているソニーモバイルコミュニケーションズ製タブレット端末「Xperia Tablet Z」のアクセサリー商品として、Xperia Tablet Zから対応するXperiaシリーズへの給電を可能とするmicroUSBタイプの接続ケーブル「TB-MAMBZ03BK」を発売すると発表しました。価格はオープン価格で発売は4月中旬を予定。

TB-MAMB03BK_01

TB-MAMBZ03BKは1月に行われた「ドコモ2013年春モデル 新商品・新サービス発表会」にて参考出展されていたものと同一と見られ、Xperia Tablet Z側のコネクタにmicroUSB Aタイプ、対応スマートフォン側のコネクタにmicroUSB Bタイプを採用しています。Xperia Tablet Zがスマートフォンなどへの給電に対応することは発表時から伝えられており、今回の発売もXperia Tablet Zの発売にあわせた形となります。

d2013-008

※画像はドコモ発表会時のもの

Xperia Tablet Zはバッテリー容量が6,000mAhと大きく、外部バッテリーとしての性能も十分です。給電可能な端末は「対応するXperiaシリーズ」とされていますが、接続機器側には汎用的なmicroUSB Bタイプのコネクタを採用している点を考えると、その他のスマートフォンなどでも給電出来る可能性はあります(当然ながらその場合は保証対象外となります)。

TB-MAMB03BK_02

モバイルバッテリーとして利用できるタブレット端末は今までほとんど存在しませんでしたが、タブレット端末およびスマートフォンの利用時間やバッテリー容量を考えると、非常に合理的でスマートな発想と言えます。今後も広がるタブレット需要とスマートフォンの普及を考える上で、バッテリー問題は常について回る重要な問題だけに、タブレット端末をモバイルバッテリーとして利用するアイデアが今後定着するかどうかが注目されます。

[エレコム]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます