恵安、実売8千円の7インチAndroidタブレットを発売

恵安は11日、Android 4.0 (ICS)を搭載する7インチタブレット「M702S」を発売しました。店頭価格は7,980円~8,480円ほどの見込み。

m702s

恵安といえば地上デジタルTVチューナーや電源パーツ等のパソコン関連製品で有名ですが、ついにAndroidタブレットの発売にも乗り出したようです。

グーグル自らNexusシリーズなどで、そこそこのクオリティで安価にAndroidスマートフォン・タブレットを発売するようになってから、個人的にはこのような廉価なローエンドモデルで得られるメリットが薄れてきているように感じてならないのですが、いかがでしょうか。

主な仕様は以下の通り。

搭載OS Android 4.0.4
ディスプレイ 7インチ 静電容量式
マルチタッチ対応タッチパネル
解像度 800×480
CPU 1.2GHz AllWinner A13
Cortex A8
RAM 512MB
内蔵ストレージ 4GB (システムで2GB使用)
外部ストレージ microSD/SDHC
背面カメラ 30万画素
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n 
バッテリー容量 2,100mAh
サイズ 116×11.2×191mm
重さ 300g

[マイコミジャーナル]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます