au版MOTOROLA RAZR・XOOMへのAndroid 4.1アップデートは無し

au向けの「MOTOROLA RAZR・XOOM」には「Android 4.1 Jelly Bean」が提供されないことがほぼ確定しました。これはモトローラのバージョンアップに関するスケジュールリストから明らかになったもの。

 motorola-razr-i-pictures-preview-0

「MOTOROLA RAZR IS12M」は、2012年春モデルとして投入され、ケブラー素材を採用したことで話題になったスマートフォンです。もう一つの「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」は、2011年春モデルとして投入された、3G非対応の10.1インチタブレットです。

過去、両端末には「Android 4.0 Ice Cream Sandwich」へのアップデートは行われていますが、OSのバージョンアップはそれが最後になります。

なお、海外向けMOTOROLA RAZR・XOOMの一部には「Android 4.1」の提供がなされており、auとモトローラの間で折り合いが付かなかった可能性も考えられます。ちなみに、両端末には日本向け3大機能である「赤外線・おサイフケータイ・ワンセグ」は搭載されていません。

海外向け端末にはアップデートが提供されていることを考えると、ユーザーにとってはまたしても残念なお知らせとなりますが、RAZRは発売から丸1年、XOOMは丸2年たっていることを考慮するとそれなりにサポートが続いたとも言えそうです。

海外に比べてOSのアップデート提供が遅かったり少なかったりと、なにかと不満の多い日本のアップデート事情ですが、ユーザーとしてはせめて海外と同様のサポートを享受したいものです。

[Motorola Mobility via Blog of Mobile!!]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます