マイコミジャーナルは25日、アドビ システムズの国内広報より、同社製品「Adobe Creative Suit」のパッケージ版を段階的に減らしてゆくとの正式回答を得たと報じています。

dwp-overview-708x510

記事によると、パッケージ版の販売終了に関してアドビ システムズから得られた回答は以下の通りとのことです。

「アドビ システムズは、Adobe Creative Cloudとデジタル化の実現を通じ、ワールドクラスのイノベーションを提供し続けていくと同時に、Creative Suiteのパッケージ版の取り扱いを段階的に減らしてまいります。Creative Suiteのダウンロード版は、引き続きアドビストア、およびリセラーや販売パートナーからご購入いただけます。アドビ システムズは、それぞれの地域での状況に応じ、販売パートナーおよびお客様にお伝えするプロセスを進めています。スムーズな移行に備え、在庫がある限りはパッケージ版の販売を継続いたします」

同製品に関しては、CS6の生産終了とともにクラウド版へ移行するとの報道が以前にもありましたが、公式発表はこれが初めてになります。なお、CS7のパッケージ版の有無(もしくは販売数)や具体的な移行期間などに関しての情報は得られていないようです。

[マイコミジャーナル]
[関連記事:Adobe、CS6パッケージ版の生産終了 ―クラウド版へ全面移行か]