キヤノン、フルHD動画撮影専用の高感度35mmフルサイズCMOSセンサーを開発

キヤノンは4日、フルHD動画の撮影に特化した35mmフルサイズのCMOSセンサーを開発したと発表しました。

canon-001 canon-002

35mmフルサイズCMOSセンサーと、それを搭載したカメラの試作機

今回新たに開発されたCMOSセンサーの最大の特徴は高感度性能。センサーの画素の大きさは一辺19μm(マイクロメートル)で、キヤノンのデジタル一眼レフカメラの最上位機種であるEOS-1D Xなどに使用されているCMOSセンサーに比べて7.5倍以上の面積を持ち、非常に高い感度を実現しています。

また、画素部分および読み出し回路には、画素が大型化すると増える傾向のあるノイズを低減するための新技術を搭載。この技術により、肉眼では認識が困難な三日月の明かり程度(0.03lux程度)の低照度環境でも鮮明な動画撮影が可能になりました。

通常、天体の動画撮影では、肉眼での認識レベルに近いとされる電子増倍型CCDで撮影できるのが6等星程度であるのに対し、今回開発したCMOSセンサーでは8.5等星以上の暗い星の撮影も可能としています。

canon-003

電子増倍型CCDよりも更にノイズの少ない鮮明な映像が撮影できるほか、線香の光(0.05~0.01lux)程度でも周囲を映し出すことができるなど、肉眼を超えた映像表現が可能であることから、天体観測以外にも夜間撮影の必要な防犯カメラへの搭載や医療技術への応用などが期待されます。

この高感度CMOSセンサーおよび搭載カメラの試作機と、これらによって撮影された映像は、5日より8日まで東京ビッグサイト(東京国際展示場)にて開催される「第21回セキュリティ・安全管理総合展 SECURITY SHOW 2013」に出展される予定です。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます