ドコモ版iPhone発表間近か?iPhone5がドコモ向け周波数を加えて技適通過

Blog of Mobile!!は6日、米アップル社のスマートフォン「iPhone 5」とタブレット端末「第4世代iPad」「iPad mini」が2012年12月11日に、NTTドコモがサービスを行なっている「W-CDMA 800(バンド19)」についてDSPR(総務省認定登録機関)を再通過したと伝えています。

 iphone4novo

今回DSPRを再通過したのはiPhone 5(A1429)と第4世代iPad(A1460)iPad mini(A1455)で、認証を受けた周波数は LTE 1800(バンド3)とW-CDMA 800(バンド19)。このうちW-CDMA 800(バンド19)では世界的にNTTドコモだけが「FOMA プラスエリア」としてサービスを展開しています。

このことから同サイトは、ドコモとアップルの間でiPhoneの取り扱いについて交渉が水面下で進んでいるのではないかと予測しています。

これまではドコモのiPhone取り扱いについては海外アナリストの予測でしか語られませんでしたが、いよいよ具体的な情報が出てきました。もちろんドコモが特異的に取り扱っている周波数の認証を受けたからといって、直ちにドコモがiPhoneを扱うという結論につながるわけではありませんが、いよいよその気運が高まっていると感じられるニュースです。

[Blog of Mobile!!]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます