ドコモ、利用履歴から必要な機能を優先表示する「タップでコンシェル」をトライアル提供

NTTドコモは22日、dメニュー上のトレンド情報やスマートフォンの利用履歴、日時や場所から、ユーザーにとって最適な機能やキーワードを予測し候補を表示する「タップでコンシェル」を開発したと発表しました。

taxdocomowwww

「タップでコンシェル」とは、「しゃべってコンシェル」の利用統計データやdメニューにおける各コンテンツのトレンド情報、過去の「タップでコンシェル」の利用履歴などから、日時や場所において、ユーザーが必要であろうサービスのショートカットや具体的なワードを表示するサービスです。

例えば、お昼過ぎに「タップでコンシェル」を利用すると、「乗換案内」「地図」などへのサービスに簡単にアクセスすることができ、その上、「乗換案内」ではよく利用する駅を予測し表示します。また、夕方に「タップでコンシェル」を利用すると「レシピ情報」へのショートカットを表示しつつ、dメニュー上での注目ワードを “サジェッション” として紹介します。

ドコモは「タップでコンシェル」は「まだまだ開発途中のサービスである」とし、機能予測技術への検証や改善、利用者からの意見を取り入れて、さらに開発を進める考えとしています。

「タップでコンシェル」は、Android 2.3以上のドコモが発売したスマートフォンに対応。今月26日から9月末まで、Google Playにてトライアル版として提供される予定です。

[NTTドコモ]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます