路面から電気自動車に非接触給電する技術が登場

日本経済新聞は18日、道路舗装を手がける東亜道路工業が日産自動車と共同で、非接触状態で路面から電気自動車(EV)に電力を送る技術を開発したと報じています。

img_969078_27942071_0

画像はイメージ

新たに開発されたシステムでは、道路に埋設された給電コイルから発する磁力を受けて車両の受電コイルに電流を発生させる仕組みが採用されています。今回、東亜道路が給電コイルの破損を防ぐために弾力性のある特殊なセメント材を開発したことで、深さ4cmほどの位置に給電コイルを埋められるようになっており、実証実験でも電力の給電に成功したとのことです。

同社はこの技術の利点として、工法が単純であることから、既存の舗装道路を転用しやすいことがあるとしています。また、具体的な実施形態としては、交差点や高速道路の直線レーンなどに敷設し、交差点での停車中や高速道路での走行中に充電できるようにすることを目標にしているとのことです。

現在、EV車の給電機の規格を巡って「CHAdeMO」と「コンボ」という2陣営が対立しており、普及を妨げる一因となっています。今回の成果を受けて道路から直接給電するためのインフラづくりが加速すれば、こういった要らぬ対立問題を解決することに繋がるかもしれません。

[日本経済新聞]
[参考:どうなる?電気自動車の充電方式!「CHAdeMO」と「コンボ」]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます