世界初!富士通、10Gbps用の部品で100Gbpsの高速通信を実現する光伝送技術を開発

富士通研究所と富士通研究開発中心有限公司は、汎用的な10Gbps用の部品で100Gbpsの高速通信を実現する技術を開発しました。これは世界初の技術となり、加速度的に増加するインターネットトラフィックに対応するための解決手段の一つとしても期待されます。

14-2a

今回、富士通研究所らが開発したのは、DMT変復調方式を既存の汎用部品上で実現する技術です。DMTはADSLなどにも用いられていますが、それを初めて100Gbps超の光通信に応用した形となります。

この技術は、クラウドサービスを支える次世代データセンターへの応用が期待されており、現在のイーサーネット用トランシーバーが4チャンネル構成で100Gbpsなのに対し、本技術を適用することで同チャンネル400Gbpsでの伝送が可能になります。。

この技術では、汎用機それぞれの特性に合わせて補正しながら利用できるのが特徴です。DMTは、データを多数のサブキャリア(搬送波)に分割して送信し、それぞれのサブキャリアに多値変調を用いることで高速伝送を実現するという特徴を持っています。その際のサブキャリアの強さや、多値度を最適化するアルゴリズムの開発がこの技術の根幹です。

 14-2b

モバイルも含めた通信環境の改善によって、クラウドサービスが生活に欠かせない存在になっていますが、脚光を浴びる便利なサービスの裏側には、それを支える技術が日々開発され続けているのです。

[富士通]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます