富士通研究所、カメラ映像からリアルタイムに脈拍を計測する技術を開発

富士通研究所は18日、ケータイやスマートフォン、PCなどの内蔵カメラやウェブカメラで人の顔を撮影し、その映像からリアルタイムに脈拍を計測する技術を開発したと発表しました。

今回開発された計測技術は、血液中に含まれるヘモグロビンが緑色の光を吸収する特性を応用したもの。カメラで撮影した動画映像から血流によって生じると考えられる顔表面の輝度変化を捉え、取得フレームごとに顔領域の色成分(赤色、緑色、青色)の各平均値を求めます。その後、3つの色成分に共通するノイズを除去し、緑成分から輝度波形を抽出、この輝度波形のピーク値から脈拍数を計算します。

f-001

この技術のメリットは、特別な機器を用いることなく簡便に脈拍を計測することが可能な点と、非常に短時間で計測が完了する点です。

通常、脈拍の測定には体へ取り付けるタイプの専用機器が用いられるため、使用する場所が限られたり常に測定機器を持ち歩く必要があるなどの不便さがありましたが、今回の技術はケータイやスマートフォンのカメラ機能がそのまま利用できるため、場所を選ばず高い汎用性を持っています。また体に直接取り付ける必要がないため、面倒な手間や対象者への負担も軽減できます。

また今回の計測技術を用いた場合、最短5秒で脈拍を計測することができます。1回の計測時間が短いことからライフログ的に1日の脈拍数変化などを捉えることも容易になったほか、空港やイベント会場のゲート前などでの脈拍検出から体調不良の人を発見したり、不審者を見つけるためのセキュリティ用途などへの応用も期待できます。

本技術の詳細については3月19日から岐阜で開催される「2013年電子情報通信学会 総合大会」にて発表される予定。実用化については2013年度内を目指すとしています。

[富士通研究所]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます