[更新]速報:サムスン、「Galaxy S4」を正式発表 フルHD有機EL搭載

サムスンは14日(現地時間)、新型スマートフォン「Galaxy S4」を正式に発表した。4月下旬から世界155カ国で販売が開始される。

 LB_1755

デザインは前機種「Galaxy S3」と似たフォルムとなっており、物理式ホームボタンも存在する。LTE通信は全ての周波数で対応しているのが特徴。LTEはCat 3に対応しており、下り100Mbpsの通信も可能(最大6バンド)。Wi-Fiは802.11 a/b/g/n/ac(HT80)と、ac規格もサポートする。

Bluetooth 4.0といった標準的なスペックはもちろん、赤外線通信、MHL 2.0もサポートする。バッテリー容量は2,600mAh。

画面には4.99インチのフルHD(1920×1080/441ppi)表示に対応したSuper AMOLEDディスプレイを搭載。有機EL方式を採用しながらフルHD表示に対応。実際にGalaxy S4を体験したTHE VERGEの記者によると「ペンタイル配列のような問題は全く感じない」とのこと。5インチ級端末ながらも重さはわずか約130gとしている。

LB_1852

カメラ機能としては、フロントとリア、両方のカメラを同時に記録する「デュアルカメラ」機能を搭載。デモではフロントカメラ(イン側)で映し出した画像を切手を模したフレームにハメ込むデモが行われた。その他、静止画の写真に5秒程度の音声を記録する「オーディオ写真」も撮影することができる。高速連写モードでは4秒で100枚以上の撮影が可能。

LB_1939

Galaxy S4には標準で「音声翻訳」に対応。「S Translator」と名付けられたこの機能は、世界9カ国の音声→テキスト、テキスト→音声の自動翻訳を行うことができる。対応言語は、アルファベット順で中国語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・日本語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語、そして英語。

注目すべきは「画像から翻訳を行う機能」が搭載されていること。海外旅行の際などに標識やメニューを専用のアプリで撮影することで、画像内にある文字列を自動的に認識。選択した言語に翻訳することが可能。

注目されたプロセッサは、販売地域によって異なる手法を今回も採用。「Exynos 5」または「Snapdragon S4 Pro」のいずれかが採用される。RAMは2GB。ストレージは16GB/32GB/64GBの3種類を用意。Android 4.2.2を標準で搭載する。

その他の機能としては、画面に触れずにタッチ操作を行う「エアジェスチャー」機能を搭載。”フローティングタッチ” として有名な機能と同様の機能が搭載された。また、本体には歩数計や温度・湿度センサーを搭載。利用者の健康管理を行う機能も存在する。

搭載OS Android 4.2.2
ディスプレイ 4.99インチ Super AMOLED
解像度 1920×1080 441ppi
CPU Exynos 5またはSnapdragon S4 Pro
販売地域・キャリアによって異なる

Exynos 5 Octa
1.6GHz駆動 Cortex-A15世代部
1.2GHz駆動 Cortex-A7世代部

Snapdragon (推定600)
1.9GHz駆動 クアッドコア
RAM 2GB LPDDR3
内蔵ストレージ 16GB/32GB/64GB
外部ストレージ microSD対応
背面カメラ 1300万画素
前面カメラ 200万画素
対応ネットワーク 3G(HSPA+ 42Mbps)
850/900/1900/2100 MHz

LTE Cat3 下り100Mbps/上り50Mbps
最大6バンド
全ての周波数(バンド)に対応するようにモデル展開
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (HT80)
Bluetooth Bluetooth 4.0
NFC 対応
赤外線通信 対応
位置情報 GPS/GLONASS
MHL MHL2.0対応
おくだけ充電 不明
バッテリー容量 2600mAh
バッテリー取り外し可否 可能
サイズ 136.6(H)×69.8(W)×7.9(T)mm
重さ 約130g
展開色 白 / 黒

[THE VERGE]

2013/03/15 GMT+9 by管理人
情報源によりCPU駆動周波数に関して訂正がありましたので、弊サイト側でも訂正いたします。
Cortex-A15側が1.6GHz駆動、Cortex-A7側が1.2GHz駆動となります。
お詫びいたしますとともに、訂正させて頂きます、

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます