グーグル、本日より「Google災害情報」を公開 ―迅速に警報を通知

グーグル日本法人は7日、災害情報をグーグルの各サービス上に表示する「Google災害情報」を公開しました。津波注意報・警報発令時には、モバイル端末の位置情報に基づいた警告表示が行われます。

Google災害情報は、Google検索やGoogleマップで「地震」「津波」といったキーワードや、「東京 」「仙台」「宮城県 」 といった、災害が発生した地域名などのキーワードで検索をすると、検索結果のトップに災害についての情報を表示する新機能です。

Japan_Tsunami_Maps_desktop

さらに、モバイル向けGoogleマップでは、地震等に関係ないキーワードで検索した場合でも、位置情報にもとづき、端末が警報などの対象地域にある場合には、自動的に警報・注意報が表示されます。

Japan_tsunami_GMM

これらの機能に加えて、Google災害情報ウェブサイト上では、現在日本国内で発令されている全ての地震や津波に関する警報/注意報が一覧表示されます。

同社では、東日本大震災からまもなく3年目を迎えるにあたり、この「Google災害情報」プロジェクトを通じて、災害時に必要な情報をこれまで以上により早く・よりわかりやすく伝えていきたいとしています。

[Google]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます