PhoneArenaは25日(日本時間)、米ウエストバージニア州の州議会において、Google Glassの運転中の使用を禁止するための法案が議会に提出されたと伝えています。

google-glass-driving

記事によると、法案を提出したのはウェストバージニア州出身の共和党議員であるGary Howell氏で、自動車を運転中にGoogle Glassを着用した場合、初犯で100ドル・再犯ごとに100ドルの罰金を課すようにしているとのことです。

同氏はGoogle Glass自体には反対ではないものの、同州では運転中の携帯電話使用を原因とする若者の交通事故が多発しており、このGoogle Glassでも運転中にメッセージを受信した時などに注意がそれて事故を誘発する危険があるとしています。

視線をほとんど移動する必要がないGoogle Glassは手元に目をやる必要があるスマートフォンに比べると安全な気もしますが、やはり人命を最優先とする以上、ある程度の法規制も必要になってくるのでしょうか。

[PhoneArena]