米グーグル、元アップル社員のガイ・カワサキ氏を傘下モトローラに雇用

米アップルの元社員として知られているガイ・カワサキ氏は先月28日(現地時間)、米グーグル傘下のモトローラで雇用され、アドバイザーの地位を与えられたことを自身の「Google+」上で明かしています。

 guy-kawasaki

ガイ氏は、雇用の経緯について詳細には明かしていないものの、グーグルからのアプローチに対して同氏が承認したものとしています。ガイ氏はアドバイザーとして製品設計やUI、マーケティング、ソーシャルメディアに注力する予定とのこと。

ガイ氏はこの報告と共にモトローラについても言及しており、「1988年のアップルを彷彿させるものがある」と自身の思いを述べた上で、「偉大な製品はすべてを変えてしまうことができる。例えばiMac G3のリリースはアップルにとってとても重要な出来事だった」と話し、モトローラについても期待を寄せているようです。

 

画像はiMac G3

最後にガイ氏は、「私の初仕事はモバイルデバイスに関するGoogle+のコミュニティを作ることです。コミュニティにはどのキャリアの、どのOSのモバイルでも参加できます」と、コミュニティへの参加を呼びかけています。

ガイ氏をアドバイザーとして加えたモトローラは今後どのように変わっていくのでしょうか。また、開発が噂されている「X Phone」への関与も気になるところです。

[Google+ via Phandroid]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます