IHI、医療用空気清浄機を民間向けに販売 ―PM2.5を99.5%以上除去

日経産業新聞は、IHIがこれまで医療現場向けに販売していた空気清浄機を、民間向けに転用・発売することを決めたと伝えています。

ez-100_image_01

今回発売される同社の空気清浄機「オゾンエアクリア eZ-100」は、集塵フィルターとしてHEPAを採用しており、中国の大気汚染の原因である粒径2.5μm(マイクロメートル、1ミリの1000分の1)以下の微小粒子状物質「PM 2.5」を99.5%以上除去する性能を確認したとのことです。

また、同機種ではオゾンによりウイルス・細菌を除去することで感染拡大を防止することも可能であり、これまでに医療・福祉施設に対して販売実績があるとのことです。

IHIによると、まずは公共施設や老人ホーム、幼稚園・保育園などに対して販売してゆき、今夏には中国・東南アジアなど海外にも展開してゆくとのことです。なお、本製品の詳細なスペックは以下の通りになります。

オゾン発生量(1時間あたり) 通常時:15mg/h くん蒸時:600mg/h
電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力 60W
外形寸法 W500×D183×H650mm
質量 17kg

おまけ

前述したように、オゾンは濃度が高くなると人体に有害になってくる気体です。この空気清浄機から発生するオゾン濃度について、簡単にシミュレーションをしてみました。

 図1

[IHI via 日経産業新聞]
[関連記事:日本に飛来するPM2.5に効果も 中国大気汚染時代のHEPAフィルターに迫る]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます