iOS7のコンセプト動画登場 Android風のアプリ切り替え・プレビュー表示など

米アップルのモバイル・タブレット向け「iOS」は2007年に登場し、すでに5年以上の月日を経ていますが、OSの外観や操作に関わる部分では今まで大きな変化はありませんでした。「変化がないことがユーザーを惑わせない」と評価する声もある一方、Android OSのように、よりグラフィカルなUIを望む声も確かに存在しています。

iOSappswitcher

iOS 7からは、ソフトウェアチームのリーダーを務めたフォーストール氏が事実上解任されており、代わりにチーフデザイナーのジョナサン・アイブ氏が大幅なテコ入れを行っていると報じられています。特にデザイン面で大きな変化があるとされており、iOS 7はかつてない程の大規模アップデートになるとする見方も存在します。

今回、Jesse Head氏が公開した「iOS7」のコンセプトムービーは、iOSのタスク切り替え機能をより美しくそしてグラフィカルにし、iOSユーザーの多くが不満に思っているトグル機能(設定画面を呼び出さずに端末の設定を切り替える機能)を追加したものになっています。

 

提示されたコンセプトでは、アプリの動作がプレビュー表示されるタスク切り替え機能、起動しているアプリの検索機能、無線LANやテザリングの設定を切り替えるトグル機能、音量や画面の明るさを画面下部で調整する機能などが紹介されています。

今回のコンセプト動画で紹介された機能で、特にサムネイル表示のアプリ切り替え機能やトグル機能はすでにAndroid OSには搭載されています。アップルは過去にAndroid OSの「通知機能」を後追いでiOSに追加した過去もあるだけに、これらの機能が実際に追加されることがあるかもしれません。

[Cult of Mac]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます