iPhone5Sはもっと“スマート”になる?「状況認識」に関する特許を出願

アップルの「iPhone」シリーズは2007年に初代が発売され、電話を “再発明” するなど、スマートフォンブームの火付け役となり、進化し続けてきました。

iPhoneの進化については既に行き詰まってきているのではないかとの指摘もありますが、今回はアップルが新たに出願した特許から見えてくるiPhoneの新しい機能についてご紹介したいと思います。

今回、新たに発見されたアップルの出願特許は、“状況認識” に関する特許です。

apple-patent-situational-awareness

iPhoneはその直感的な操作性で人気となりましたが、この特許では、ユーザーが操作をする前にユーザーのしたいことを予想してデバイスが先回りしてサポートしてくれる機能を示しています。

この特許によると、光・温度・騒音・動きなどを感知するセンサーがデバイスの周囲の環境を検知し、ユーザーが操作をしなくても状況に応じて必要な機能をデバイスが判断して実行することができるようになるとのことです。

この特許により、TPOに応じた壁紙への切換え(会社では会社用の壁紙・暗い場所では黒背景など)やアプリの配置変更、着信音の設定などをデバイスが自動的にこなしてくれるようになるかもしれません。

特定の場所においてデバイスを自動的にマナーモードにするなど、GPSを使った状況認識機能は既に存在していますが、今回のこの特許は環境感知センサーを利用して状況認識を行い、さらにに細かくデバイスをコントロールできます。

この特許は現時点ではアイディアの段階であり、今後リリースが予想されるiPhoneに応用されるか否かについては不明ですが、アップルは市場をリードするさらに “スマートな” iPhoneを目指しているようです。はたしてこのアイディアから、iPhoneに革新的な機能が誕生するのでしょうか。

[BGR]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます