米アップル、iPhone5Sに指紋認証システムを搭載・発表は7月か

KGIセキュリティのアナリストを務めるMing-Chi Kuo氏は、米アップルの「次期iPhone(通称iPhone5S)」と「廉価版iPhone」が6~7月に発表されるだろうとレポートにて報告しています。

 iphone-5s1

同氏のレポートによると、iPhone5Sはプロセッサに「A7」を搭載。白色か黄色のLEDを用いた「スマートフラッシュ」という新方式のフラッシュを搭載することで写真撮影の性能を向上され、セキュリティ対策に指紋認識システムを搭載するとのことです。 

一方、廉価版iPhoneについては、ボディーがグラスファイバーとプラスチックの複合素材で作られ、LTE通信に対応するとしています。廉価版であってもLTE通信に対応するため、製造コストはやや上昇するとのことです。

注目すべき点としては、iPhone5Sと廉価版iPhoneはチャイナ・モバイルが採用するTDD-LTE方式(TD-SCDMA方式とTD-DLTE方式をカバー)にも対応すること。ただし、TDD-LTE版は通常版に少し遅れて9月に発売されるとのことです。

バークレイズ・キャピタル証券のアナリストも以前、次期iPhoneにはTDD-LTEバージョンが存在すると指摘していましたが、今回の予想でもほぼ同じ内容が語られています。アップルがシェアを回復するためには、中国最大のキャリアであるチャイナ・モバイルが採用するTDD-LTE方式にiPhoneを対応させることが不可欠なようです。今後iPhoneは中国市場にどこまで切り込むことができるのでしょうか。

[Apple Insider]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます