革新的!iPhone5Sのホームボタンには指紋認証を実装か 廉価版iPhoneはiPhone5ベースとの情報も

複数のアップル系海外情報サイトは、「廉価版iPhone」は「iPhone 5」をベースにしており、4インチディスプレイで、さらに4~6色のカラーバリエーションが提供されるだろうとする、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏のレポート内容を伝えています。

ip5s_ip5lc_spec
Credit:MacRumors / Data Source:KGI Reseach

同氏によると、廉価版iPhoneはガラス繊維を混ぜたプラスチック筐体となり、一般的なスマートフォンに使われているプラスチック素材よりもより薄く、より強くなるだろうとしており、素材自体は0.4mm~0.6mmほどの厚さとなり、加えてiPod同様のカラーバリエーションが追加されるとしています。
また、今年後半には「iPhone5S」がリリースされるとしており、iPhone5SにはA7プロセッサのほか、写真撮影品質向上のための「スマートフラッシュ」を搭載し、ホームボタンには指紋認証センサーが内蔵されているとしています。

アップルは指紋認証ソリューションを提供するAuthen Tec社を2012年に買収しており、同社の技術をホームボタンに組み込むものとみられています。同社の技術は富士通のスマートフォンや各種PCメーカーの指紋認証機能にも採用されており、認証の精度とスピードは折り紙付きです。

同氏はこれまでにも、iPhone関連のリークについて、独自の取材に基づいた非常に正確な情報を提供していますが、他の情報源からの情報を踏まえても、廉価版iPhoneはiPhone 5がベースになるという可能性は高いものとみられます。

[AppleInsider]
[MacRumors]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます