台湾の経済誌「工商時報」は11日(現地時間)、業界筋の話として、米アップルの次期スマートフォン(通称:iPhone5S)には指紋認証機能とNFCが搭載されると報じています。注目すべき点としては、NFCを用いた決済に際して指紋認証が用いられるという点です。

 iphone-5s-funny

報道によると、NFC決済用の指紋認証センサはアップルが買収した「AuthenTec」が開発。同企業の指紋認証ソリューションは、富士通製のスマートフォンや各種メーカーのノートPCで採用されている実績のあるものです。

また、iPhone5Sに使われる部品のストックは、2013年Q2(4月~6月)に最高値に達するとのことです。このことから察するに、やはり7月~8月発売説が濃厚ではないかと思われます。

iPhone 5にNFCの搭載を見送った理由として、「セキュリティ上の懸念」を挙げる役員がいたことが米ウォールストリートジャーナルの取材によって明らかにされていますが、セキュリティ上の懸念は指紋認証をつかって解決することにしたようです。また、指紋認証によるロック解除機能などが搭載されるのかといった点にも注目が集まります。

[EMSOne]