iPhone5Sと廉価版iPhoneは8月出荷か ―バークレイズ

台湾の経済誌「工商時報」は1日(現地時間)、バークレイズ・キャピタル証券のアナリストを務める楊応超氏のレポートとして、米アップルの次期スマートフォン「iPhone 5S」と「廉価版iPhone」が8月に出荷されるだろうと報じています。

 iphone-5s

レポートによると、アップルが2013年に販売するスマートフォンはiPhone 5Sと廉価版iPhoneの2種類になり、どちらも従来のFDD方式のLTEに加えてTDD方式のバージョンも用意されるとのこと。

TDD方式とは次世代高速通信であるLTEの方式の一種で、チャイナ・モバイルやソフトバンクも採用している方式です(※ソフトバンクはAXGPに取り込む形)。一方、FDD方式はNTTドコモの「Xi」やau、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルのLTEサービスに採用されています。

さらにレポートでは製造会社についても触れられており、iPhone5SのFDDバージョンとTDDバージョン、廉価版iPhoneのFDDバージョンはFoxconnが受注し、廉価版iPhoneのTDD方式バージョンは台湾ペガトロンが受注する予定とのことです。仮に今回の情報が本当ならば、Foxconnは今までiPhoneの生産を一手に引き受けてきた世界最大のEMS(電子機器受託生産会社)ですが、その独占が崩れる形になります。

アップルのCEOを務めるティム・クック氏は今年初めに中国最大の携帯キャリアであるチャイナモバイルと「なんらかの」会談を行いましたが、その会談の内容はチャイナ・モバイルが採用しているTDD方式のiPhone5Sと、廉価版iPhoneの取り扱いについてであったと噂されています。チャイナモバイルは顧客数が7億人を超える超巨大携帯キャリアであり、アップルがチャイナ・モバイルと組むためにTDD方式のiPhone 5Sを用意したとしても不思議ではありません。今後の続報が待たれます。 

[EMSOne]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます