Kinect for Windows、近くジェスチャー操作へ対応 ―マウス不要に?

米マイクロソフトは6日(日本時間)、同社の製品であるKinect for WindowsによりハンドジェスチャーでPC操作を行うデモ動画を公開しました。参考元の記事によると、この機能を含めた最新のSDKが間もなくリリースされるとのことです。  

  

(注釈:マイクロソフトによるデモ動画。前半は技術的な説明、1:28から実演)

無題wer無題

公開された動画では、ペイントソフトで絵を描いていたり、両手ジェスチャーでマップのズーム操作を行なっています。

現時点ではマウスのクリック操作や画面の拡大/縮小といったいくつかの機能しか実装されていないそうですが、今後機能を徐々に拡張してゆき、将来的にはマウスに取って代わる新型インターフェースの開発へ繋げてゆきたいとしています。

1987年にIBMがマウス操作を前提としたパソコン「PS/2」を発表して以来、変わること無く続いてきたマウスによるコンピューター操作という形態は、30年近い時を経てようやく次のステージに移り変わろうとしているのかもしれません。

[THE VERGE]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます