次世代プロセッサの性能は「Tegra4>Snapdragon800>Exynos5 Octa>Snapdragon600」

2013年に登場する新型モバイル端末向けプロセッサーである、「Tegra4」「Snapdragon 800 2.3GHz」「Snapdragon 600 1.7GHz」「Exynos 5 Octa 1.8GHz」のベンチマーク結果が揃いましたので、スコアの比較結果をご紹介します。

比較に使用したベンチマークソフトは「AnTuTu」で統一していますが、たとえ同一プロセッサであってもスマートフォンメーカーによるOSやハードウェアの作りこみ、さらにはAndroid OSやファームウェアのバージョンによってベンチマーク結果は変化しますので、あくまで参考程度にご覧ください。

 WS000000 

ベンチマークソフト「AnTuTu」によるモバイル向け次世代プロセッサのスコア比較

まず、次世代プロセッサの中で最も高いスコアを記録したのはNVIDIAの「Tegra 4」で、同プロセッサは『36489』ポイントのスコアを残しています。Tegra 4はCortex A15世代のコア4つとバッテリーセーバーコアを1つ搭載し、GPUには72個の「GeForce GPU」を搭載しています。

次に高いスコアを残したのはクアルコムの「Snapdragon 800 2.3GHz」で、同プロセッサは『32146』ポイントのスコアを残しています。Snapdragon 800はCPUに4コアの「Krait 400」、GPUには「Adreno 330」を搭載。4K解像度ビデオの再生と録画に対応するなど、高いマルチメディア性能を有しています。

3番目に高いスコアを残したのはサムスンの「Exynos 5 Octa 1.8GHz」で、「Galaxy S4」に搭載された同プロセッサは『27417』ポイントのスコアを残しています。Exynos 5 Octaはクアルコムの「big.LITTLE」技術によりそれぞれ4つのCortex A15コアとCortex A7コアによる「4+4」構成のCPUと、GPUに「PowerVR SGX 544MP3」を搭載しています。

4番目に高いスコアを残したのはクアルコムの「Snapdragon 600 1.7GHz」で、「HTC One」に搭載された同プロセッサは『22678』のスコアを残しています。同プロセッサはCPUに4コアの「Krait 300」、GPUは「Adreno 320」を搭載しています。ただし、Snapdragon 600は最大1.9Ghzで駆動することが可能であるため、プロセッサのポテンシャルはもう少し上だと思われます。

 bench4 

Tegra 4とSnapdragon 600 1.7GHzのスコア

 image_thumb302-350x147 

Snapdragon 800 2.3GHzのスコア

 galaxy-s4-exynos-5-octa-benchmark-2

Exynos 5 Octa 1.8GHzのスコア

Tegra 4が一番良い結果となりましたが、過去にもベンチマーク結果だけはよかったということがあるだけに、実際の製品が各社からリリースされた際にどの程度の結果を残せるのか注目が集まります。クアルコムの堅実さは流石といったところで、Snapdragonのシェアが拡大しているだけに、2013年の新機種も安心して購入できるといったところでしょうか。

一方、従来と流れが異なる印象を持つのはサムスンのExynos 5です。big.LITTELEによる “8コア” 戦略を取り入れ、同社の主力製品「Exynosシリーズ」の次世代モデルとして投入しながらもスコアは振るいませんでした。Galaxy S4が実際に発売される4月下旬頃になればチューニングの成果でスコアは向上するものとみられていますが、コア数とは裏腹に現時点ではスコアは伸び悩んでいます(big.LITTLE方式なのでコア数に比例しなくて当然)。

となると、思い起こされるのがコンパクトデジタルカメラで流行した「○○万画素競争」。Exynos 5 Octaとの名称にもあるように、販売戦略上、コア数が8コアとして宣伝される可能性が高く、カタログスペック上の数値は素晴らしくても実際に得られる効果が低いといったことも考えられます。

とはいえ、big.LITTLE方式の目的は「消費電力の抑制」にあります。スマートフォンの処理能力は一種の過渡期を迎えているとする見方もあるだけに、バッテリーの長寿命化を望む声も多く、製品開発段階でどのような思想をもって設計するのかによって、今後のスマートフォンはいっそう差別化されていくものと思われます。

[PhoneArena / GSMinsider / Android Authority]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます