革新的!電気もガスシリンダーも不要な携帯式エスプレッソメーカーが登場

米国のベンチャー企業Uniterraはこの度、電気やガスシリンダー・使い捨てのエスプレッソパックを一切必要としないエスプレッソ・メーカー「Nomad」を発表しました。

無題vb

このNomad、仕組みは非常に単純で、お湯とコーヒー粉をセットして本体のポンプ・レバー(透明樹脂の部分)を操作すると、内部のマイクロポンプによりチャンバー内部が加圧されてエスプレッソが出来上がるとのことです。

無題aw無題cfnomad_coffee_machine-4 

通常、このサイズの手動ポンプではあまり圧力が上がらないものですが、本製品では「True Crema Valve」という独自構造により、エスプレッソを効率的に抽出するために必要な圧力を加えることが出来るとしています。

現在、クラウド・ファンディングサイト”Kickstarter”上で4月10日まで出資キャンペーンを行なっており、165ドル(約16500円)でブラック、215ドル(約20400円)でレッド・グリーンが入手可能であるとのことです。 Kickstarterへの出資は日本からも可能なので、(ちょっと高額であるものの)興味のある方はチェックされてみてはいかがでしょうか。

 

[Gizmag]
[Uniterra(開発元)][Kickstarter]
[関連記事:電子レンジでチンするだけでエスプレッソが作れちゃう商品が話題に]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます