バッテリー駆動時間が長いノートPCはどの機種?調査結果で明らかに

デバイスのテストに定評のあるイギリスのWhich?は、ノートパソコンのバッテリー駆動時間を比較した実験結果を公表しています。

windows-8-battery-life-550x376

この実験は、Windows 8を搭載したノートPC18台と13インチの「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」、サムスンの「シリーズ3 Chromebook」を用いてWhich?の研究室で行われました。実験内容は、WEBの連続観覧時間を計測するというものです。

この実験結果によると、最もバッテリーが長く駆動したのは13インチのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルで、その駆動時間は388分でした。また、AcerのM5-581Tが駆動時間358分で、今回実験したWindows 8を搭載したノートPCの中では最もバッテリー駆動時間が長くなる結果となりました。

v5-17120

Acer製 M5-581T

約6時間駆動したAcerのM5-581Tは15.6インチ、重さ2.1kgのウルトラブックで、13インチのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルより駆動時間では30分劣りましたが、MacBook Pro Retinaディスプレイモデルより約500ポンド(約7.2万円)ほど安く入手することができます。

また、ハードディスクに保存してあるムービーの再生時間では、M5-581Tが277分間視聴が可能で、MacBook Pro Retinaディスプレイモデルをわずかに上回っているとのことです。

Which?は今回の実験結果から「Windows8を搭載したノートPCを平均すると、WEB観覧時の方が動画再生時より24分長く駆動している」と伝えています(もちろんすべてに当てはまる訳ではありません)。

ちなみに、Which?が昨年実験を行ったWindows7を搭載したノートPC全57台の平均駆動時間は272分で、最高はAcerの「X 5830T」で約420分駆動したとのことです。

ノートPCを選ぶ際、バッテリーの駆動時間は重要なポイントとして挙げられます。特にウルトラブックは室外へ持ち運ぶ場面も多く、より薄く、それでいてバッテリー駆動時間はより長くすることが求められています。今回の調査結果ではアップルとAcerが消費者の要望に応えていると言えそうです。

[Which?]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます