パナソニックは7日、新型構造の採用により大幅にコンパクト化したスリムファン「F-S1XJ」を5月20日より発売すると発表しました。店頭予想価格は3万5千円前後。

sf001jn130307-2-1 

従来のエアコンや空気清浄機といった製品では、送風方向を変えるためにルーバー等の可動機構が用いられてきました。しかし本製品では、本体内部の独自のループ構造により吹き出し方向を流体力学的に変化させる「流体素子技術」により、可動部品を用いずに左右に風を広げることに成功したとのことです。

図1

合わせて、吸気についても従来の扇風機のような羽根は用いず、本体下部から空気を取り込む構造にすることで、スリムな製品デザインを実現したとしています。

さらに、同社の独自技術「ナノイー」も搭載しており、冬場など乾燥した環境ではナノイー発生器として使用する事も可能であるとのことです。

製品の詳細なスペックは、以下のようになっています。 

本体サイズ 180×180×950mm
重量 約4.2kg
消費電力 3~14W
電源コード長 1.8m

[Panasonic]
[家電ウォッチ]