パナソニック、面発光LED照明「パネルミナ」発表

パナソニックは5日、従来のLED照明よりも眩しさを抑えた面発光LED照明「パネルミナ」を発表しました。33タイプ用意され、価格は1万5540円から。4月21日から順次発売されます。

jn130305-2-5

「パネルミナ」は、従来型のLED照明と比較してまぶしさを抑えているのが特徴です。照明器具内に小さなLEDを環状に設置し、パナソニック独自の技術でどの場所からも均一な光がでるように設計されており、穏やかな ”面の光” となります。

従来のLED照明器具は発光部を直視すると潰れるような目の痛みを感じましたが、それらが改善されるパネルミナは大きな進歩といえそうです。

jn130305-2-8

Credit:パナソニック

上の画像は、従来のワンコアタイプLED(LED光源が1つ)と、最新のパネルミナを比較したもの。画像からはパネルミナの方がまぶしさが少なく、均一に光が広がっていることがわかります。

jn130305-2-9

Credit:パナソニック

また、同一の場所にワンコアLEDとパネルミナを設置して明るさを比較すると、パネルミナを設置した部屋の方がより均一に光が広がることがわかります。あえて光を抑えることにより、部屋の中の明るさムラを抑えて明暗差を和らげたためです。

jn130305-2-19

今回の製品はシーリングライトではなく、ペンダントライトやダウンライトなのが大きな特徴といえます。ダウンライトなど、比較的小さなスペースでも環状配置にすることでワンコアタイプよりも柔らかな光になりました。新築を機に照明を全てLEDで統一しようと考えている方は検討してみてはいかがでしょうか。

ただ、従来は「複数コア」の製品よりも「ワンコア」製品の方が、影の出方や消費電力の面で高性能と言っていただけに、また複数コアに戻るというのは複雑な心境でもあります。

[パナソニック

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます