パイオニアは4日、通信モジュールを内蔵した自転車用サイクルナビゲーションシステム「ポタナビ(potter navi) SGX-CN710」を発表しました。価格は3万9900円。発売は3月下旬を予定。

potternavi-001

近年環境への配慮や健康志向の高まり、さらに出費の削減目的などから自転車を利用する人が増えていますが、そのような中で街の散策(ポタリング)やスポーツライドを楽しむ人口も増加傾向にあります。

このポタナビは、そういったポタリングなどを楽しむための商品で、従来のGPSを内蔵したタイプをさらに進化させ、ドコモの3G回線を利用した通信モジュールを内蔵しています。これによってナビゲーションログを同社のWebサイト「Cycle Lab(サイクルラボ)」上のマイページに自動送信および記録が行えるようになっているほか、本機を使っている仲間の位置を確認できる「フレンズポイントモード」なども搭載しています。

通信モジュールに掛かる月額費用は、購入(通信を開始した月)から2年間は完全無料。その後は延長契約を結んだ場合、月額300円~400円程度で継続して利用できるようになるとのこと(正確な月額料金は現在のところ未定)。

サイクルナビゲーションとしての基本的な機能も豊富で、目的地までのルート検索や周辺施設検索、ポイントライン表示などを行う通常のナビモードのほか、ペダル回転数、速度、心拍数など各種センサーからの情報を基にしたダイエットモードやメーターモードも搭載。自転車での利用をより便利に楽しくする工夫が見られます。

本体サイズは59(W)×95(H)×19(T)mm。重量は約100g(本体のみ)。ディスプレイには直射日光下でも視認性の高い2.4インチ半透過型カラー液晶を採用。約10時間連続使用が可能なバッテリーを搭載し、耐振および防塵設計、IPX5相当の防滴対応。そのほか、自転車取り付け用の専用クレイドルが付属します。