BGRは12日(現地時間)、「iWatch」は今年中にリリースされ、「iTV」は4K解像度ディスプレイのコスト問題から来年に持ち越しとなるだろうと伝えています。

apple-tv

この情報を伝えたのは証券会社ジェフリーズのMisek氏で、同氏は昨年のレポートにおいて、アップルが2013年3月にiTVの発表イベントを行うとしていましたが、iTV用に超高解像度4Kディスプレイを供給するLGとシャープの利回りの問題で、今年中にリリースされる可能性は低くなったとしています。

また、同氏はiWatchについても触れており、iWatchは1インチのサイズで価格は約200ドル(約1万9000円)となり、今年中にリリースされるだろうとしています。

iwatch-4

しかしながら、Misek氏のレポートについては “疑惑” の声が多く上がっており、iDownloadBlogは同氏について「過去に実績がなく、情報の出所も分からない信用できないアナリストである」と痛烈な批判を交えながらこの情報を伝えています。

批判されている過去の報告については、「2009年に3種のiPhoneがリリースされる(実現されず)」、「iPhone 4Sは9月にリリースされる(実現されず)」「iTVが2012年中頃にリリースされる(実現されず)」、「第3世代iPad・iPhone5はIGZOが採用される(実現されず)」など散々たる結果となっています。

Misek氏が今年から来年にかけて報告しているレポートには、「4.8インチサイズのiPhabletが来年リリースされる」というものや、「NTTドコモがiPhone 5Sを取り扱う」、「iPhone 5SはIGZOを搭載して多色展開される」といったものがありますが、いずれも参考程度に留めておいた方がいいかもしれません。

[BGR]
[iDownloadBlog]