サムスン幹部、スマートウォッチ開発中と明言

ブルームバーグは19日、韓国サムスン電子のモバイル部門で副社長を務めるLee Young Hee氏が、ソウル市内で行われたインタビューに答える形で、同社は腕時計型のスマートデバイスを開発中であるとコメントしたと伝えています。

samsung_smartwatch_concept_2-580x386

画像はイメージ

記事によると、同氏はインタビューの中で、「我々は長期間にわたって腕時計製品を開発してきた」「我々は将来に備えた製品を複数準備しており、腕時計型デバイスはその中の1つだ」と答えたとのことです。

サムスン製の腕時計型デバイスを巡っては、以前にも「Project J Fortius」というコードネームのもと開発が進められているという情報があり、先日行われた同社製スマートフォン「Galaxy S4」の発表会場でこの “Fortius” に関して何らかの情報が出てくるとの見方もありましたが、結局発表はされませんでした。

スマートフォンのスペック競争が飽和状態にある昨今、スマートウォッチを始めとするウェアラブル機器は、次代の市場を牽引するキラーデバイスになるものと期待されています。今回のインタビューでは、製品の具体的な情報について明らかになっていませんが、アップル社の”iWatch”の年内発売もささやかれる中で、遠からず続報が出てくるものと思われます。

[Bloomeberg via Slashgear]
[関連記事:サムスンもスマート腕時計「Galaxy Watch」を開発中か]
[関連記事:速報:米アップル、腕時計端末「iWatch」を年内発売へ ―ブルームバーグ]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます