速報 ― シャープは6日午後に公式の発表を行い、サムスン電子と液晶分野における協業関係を強化し、資本提携を行うと発表した。

サムスン電子ジャパン株式会社(サムスン電子の日本法人)を割当先とする第三者割り当てによる新株式の発行を実施。これにより資本提携を行う。サムスン電子ジャパンより約104億円の出資を受け入れ、議決権ベースで3.08%(総発行株式ベースで3.04%)の新株を発行する。

第三者割当増資の目的として「液晶分野における当社とサムスン電子の企業価値の向上に向け、両社の信頼関係を構築するとともに、当社の自己資本を増強する」としている。また、従来から続くサムスン電子への液晶パネルの供給をさらに強化。大型テレビ向け液晶パネルはもちろんのこと、ノートパソコンをはじめとした中小型液晶パネルを「長期的、安定的かつタイムリーに供給」するとしている。

このことからも、事前に報じられた通り、サムスン電子に対して優先的に液晶パネルが供給されるとみられる。

[シャープ公式]