HDD大手Seagate、7200rpmの2.5インチHDD生産終了へ

HDDの大手Seagate Technology社は、2013年末までに7,200rpm/2.5インチHDDの生産を終了すると発表しました。

同社は2013年末までに、7,200rpm/2.5インチHDDの生産を中止し、5,400rpmタイプとハイブリッド型HDDの2つに注力するとのことです。その理由としては、高速回転する7,200rpmのモデルは一部のハイエンドノートPCなどにしか採用されず、需要が決して多いとは言えない状況であるからとのこと。

HDDの豆知識

HDDHDDの記録媒体である金属やガラスの板(プラッタ)の回転数は一般的には7,200rpmと5,400rpmの2種類があります。rpmとはrotation per minute、つまり1分当たりの回転数を示しており、7,200rpmでは1分間に7,200回もの高速で回転していることになります。

回転しているプラッタに対してデータは読み書きされ、回転が速いほど読み書きも早くなるのですが、その分使用電力が46%ほども多く、熱をもったり、振動に弱かったりと、デメリットも増していきます。

上記の特性から、電力や熱設計、振動対策に余裕のあるデスクトップ型のPCには7,200rpm/3.5インチ型のHDDが多く使われていますが、バッテリー駆動時間が重要なスペックの一つであるノートPCにおいては採用のハードルが高く、さらにスペースが小さく、移動しながら使うことが前提のために、熱対策も振動対策も簡単ではありません。このことより多くのノートPCは5,400rpm/2.5インチ型のHDDが主に使われています。

フラッシュメモリーを使用するSSDは物理的な可動部が無いために振動に強く、電力使用量は通常のHDDと比べて極めて少ないうえに読み書きも非常に高速のため、ノートPCの記憶媒体としては理想的なのですが、現時点では容量当たりの値段がHDDの10倍程度と非常に高額で、やはり採用のハードルは高いと言わざるを得ません。

imacfusiondrivebanner

ハイブリッド型HDDとは、SSDとHDDを組み合わせたHDDで、4~8GB程度のフラッシュメモリーを内蔵しているのが特徴。OSやアプリケーション、頻繁にアクセスするデータをフラッシュメモリー部分に保存し、その他のデータをHDD部へ保存することにより、省電力化や高速起動といったSSDのメリットを安価に取り込んだ記憶媒体です。

自動車でもプリウスのようなハイブリッドカーは、燃料電池自動車や電気自動車といった、本命と言われる次世代自動車が普及するまでのつなぎと言われてはや15年が過ぎました。ハイブリッドカーは衰退するどころか、ますます勢いを増しています。メリットをつなぎ合わせるハイブリッド技術は大きな技術革新がない場合には、十分に一時代を築くことが出来るという事は自動車の例からでも分かります。HDDでもiMacのFusionDriveなど、採用例が増えており、はたしてどの様な未来を迎えるのか今後の展開が楽しみです。

[Forbes]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます