ベンチマークソフト「GLbenchmaek」のサイト上に、クアルコムの新型プロセッサ「Snapdragon 600」とフルHD解像度のディスプレイを搭載したシャープの未発表スマートフォン「FIH-VKY(開発コード)」が出現しました。

 000

この未発表の端末は1.7GHz駆動のCPUとAdreno 320を搭載し、ディスプレイはフルHD表示対応(1920×1080ドット)、OSにはAndroid 4.2.1を搭載してます。

そしてこの端末は、「GLBenchmark 2.5 Egypt HD C24Z16 – Offscreen (1080p) 」の項目において『4363Frams』という好成績を残しており、この数値は1.7GHz駆動の「Snapdragon 600」を搭載したHTC製スマートフォン「HTC One」のスコアを上回っています。そのため、この端末に搭載されたプロセッサはSnapdragon 600であろう予測されます。

この端末が日本国内に投入されるものなのか、または海外市場向けなのか明らかにされていませんが、フルHD搭載スマートフォンの流れはまだまだ続くようです。

[GLbenchmark via リンゲルブルーメン]