ソニー、モバイルバッテリー「サイクルエナジー」シリーズ2機種を同時発売

ソニーは5日、同社のモバイルバッテリー「サイクルエナジー」シリーズに、大容量・高出力タイプの「CP-F10LSAVP」と、スティック型で持ち運びに便利な小型軽量の「CP-VLSVP」の2機種を新たに発表しました。価格は2機種共にオープン価格ですが、市場での予想価格はCP-F10LSAVPが9,000円前後、CP-VLSVPが1,700円前後。発売は4月20日の予定。

CycleEnergy

CP-F10LSAVPはこれまで同社が発売してきたサイクルエナジーシリーズの最大容量にあたる製品で、すでに発売しているラインナップには3,500mAhの製品と7,000mAhの製品があります。本体サイズは130.6(H)×70.4(W)×16.5(T)mmで、本体サイズは従来製品と比べても厚み以外はほとんど差がなく、今回の製品は7,000mAhの製品と比べて3.6mmだけ厚くなっています。

ただし重量の増加はそれなりにあり、7,000mAhの製品と比べて62g重くなっています。出力はさらに強化され、USB 2ポート合計で最大5V/3.6Aまで対応。スマートフォンとタブレットの同時充電が可能になっており、バッテリーの大容量化が著しいスマートフォンやタブレットの需要に合わせた形となっています。

CP-F10LSAVP-001

バッテリーはリチウムイオンポリマー方式を採用。約1,000回の繰り返し充電に対応し、長期間の使用にも耐えられます。USBポートはポートごとの電源のON/OFFが無いのが唯一の不満点かもしれませんが、電池残量もLEDによって確認でき、使い勝手は悪くなさそうです。

スティックタイプのCP-VLSVPは、実用性よりもオシャレにモバイルバッテリーを持ち歩きたいという要望に応えた製品。バッテリー容量は1,400mAhで、こちらもリチウムイオンポリマー方式を採用。一般的なスマートフォンなら約50%の充電が可能です。

表面はフラットで裏面は丸みを持たせたユニークな形状を採用しており、重量は62gと非常に軽量。カラーバリエーションも豊富で、ブラック、ホワイト、ピンク、オレンジの4色がラインナップされています。

出力は最大5V/1.0A。出力の上限から一部のタブレットなどは充電できない可能性があります。こちらの製品も電池残量をLEDによって表示する機能があります。

cp-vlsvp

最近では中国製の安くて大容量のモバイルバッテリーなども増えてきており、費用対効果を考えた場合にこれらのソニー製品がどこまで消費者に訴求できるのか不安な面もありますが、国産メーカーなりの信頼性や安全性を消費者がどこまで評価するかにも掛かっているように思われます。

筆者も実際に7,000mAhのサイクルエナジーを愛用していますが、使いやすさや取り回しの良さには非常に満足しています。購入時の価格で約6,000円ほどで、中国製品などと比べると2倍以上の価格だったため、購入にしばらく躊躇した覚えがあります。

今後は如何にこれらのモバイルバッテリーの価格を下げていくのかが課題と言えそうです。

CP-F2LSAVP

[ソニー]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます