本日13時よりマイクロソフトが新製品発表会を開催 Surface RT発表へ

SankeiBizによると、本日13時から日本マイクロソフトが「新デバイスに関する記者発表会」を行うとのことです。また、米マイクロソフトは28日(米国時間)に「Surface RT」を日本国内で販売すると公式発表しており、記者発表会ではSurface RTの価格や発売日などが明らかになるものとみられます。

スクリーンショット 2013-03-01 8.26.07

Surfaceはマイクロソフトの独自タブレットPCで、OSに「Windows RT」を搭載した「Surface RT」と、「Windows 8 Pro」を搭載した「Surface Pro」の2つのモデルが存在します。今回、日本に投入されるとみられているのは前者。

Surface RTはCPUにNVIDIAの「Tegra 3」を搭載し、米国では32GBモデルが499ドル(約4万6220円)、32GBのタッチカバー付きモデルは599ドル(約5万5480円)、64GBモデルが699ドル(約6万4740円)で販売されています。

Surface RTは昨年10月にアメリカやカナダで発売が開始されましたが、日本での販売は行われませんでした。しかし本日、米マイクロソフトがSurface RTの販売国に日本・メキシコ・ニュージーランド・ロシア・シンガポール・台湾を追加しており、晴れて日本でも販売されることになります。 

[SankeiBiz / ITmedia]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます