ソフトバンクモバイル、ガンホー株の公開買付けを開始

ソフトバンクモバイルは25日、「パズル&ドラゴンズ」の運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式に対して公開買付けを開始したと発表しました。買付け価格は1株34万276円。

 o06400393120918pdandroid

今回の買い付けに伴い、ガンホーの筆頭株主で33.69%を所有するソフトバンクBBおよび孫氏個人の所有する株式を合わせると、ガンホーの議決権の過半数(52.13%)を占めることになり、同社はソフトバンクの連結子会社になります。

なお、買い付け予定数の上限が7万3400株、買い付け総額は最大249億7600万円、買付期間は4月1日から4月26日までで、公開買い付け代理人はみずほ証券となっています。

プレスリリースによると、今後はソフトバンクグループとして資本関係を強化。グループのグローバルな経営資源を活用することで、ゲーム事業の収益拡大を目指してゆくとしています。

[ソフトバンクモバイル]
[ロイター]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます