Twitter上でブラクラ被害多発中…スマホに影響

トレンドマイクロは自社のブログにて、Twitter上でブラウザクラッシャーに繋がるURLを含んだ投稿が拡散されていると警告しています。影響を受けるプラットフォームは、Windows、iOS、Android。

ブラウザクラッシャー(通称、ブラクラ)とは、ブラウザの不具合や悪意のあるスクリプトを利用して、ブラウザやシステムをクラッシュさせる、悪質なWebサイトのことを指します。

130320comment01

今回の場合は、Teitter上への投稿に記載されている “悪質なWebサイトに誘導するURL” にアクセスすると、「今度は何度押しても消えませんよw(・∀・)ニヤニヤ」という文字列を含んだメッセージボックスが表示されます。このメッセージボックスが表示されると、「OK」を押してもメッセージボックスが何度も表示されるため、結果的にブラウザが使用不能に陥ります。

同社では2012年4月頃から、ブラクラを含むURLがTwitter上で投稿されていることを発見していますが、2013年3月7日から爆発的な拡散を確認。19日時点では300件以上の投稿を確認したとしています。

電話帳の情報が流出するなどの深刻な被害はありませんが、拡散しやすいソーシャルメディアを利用し、なおかつブラウザを使用不能にするというのは非常に悪質性が高いものです。また、Twitterには「リツイート」という、他者の投稿を容易に拡散できる機能が用意されており、役に立つ情報だけでなく、今回のような悪質な投稿さえも次々に広まりやすい仕組みになっているのが爆発的拡散の一因になっているものと思われます。 

これはTwitterに限った話ではありませんが、今後は信頼できる人が記載したURLだけを開くように心がけ、安易にリツイートを行わないなどの対策が必要です。

ブラクラ被害に遭った場合は?

多くの場合は、ブラウザや端末を再起動すれば解決します。もし起動時にページを復元するなどの設定が有効になっていて、ブラウザを起動すると自動的に再アクセスしてしまう場合、同社では以下の手順を踏めば解決できると案内しています。

例1:iOS の Safariブラウザで JavaScript を無効にする場合

  1.  Safari のアプリを終了させる
  2. 「設定」→「Safari」から、「JavaScript」をオフに設定

例2:Android OS のデフォルトブラウザでキャッシュ消去する場合

  1. Android の 「設定」→「アプリ(アプリケーション)」→「すべて」から、「ブラウザ」を選択
  2. 「キャッシュを消去」を実行
  3. 「強制停止」を実行

[トレンドマイクロ via TABROID]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます