USJ、園内で使える専用電子マネーの導入決定

NECは、株式会社ユー・エス・ジェイ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)にプリペイド型パーク専用の電子マネー「ワンダー・マネー」の提供を3月31日より開始すると発表しました。NFCやFeliCa非対応端末でも利用できるのが特徴です。

この電子マネーは、USJのパーク内および関連施設で利用できる専用の電子通貨で、スマートフォンに専用アプリ「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」公式アプリをあらかじめインストールし、チャージを行うことで利用することが出来ます。

2501-02

電子マネー導入によって、飲食・商品販売施設におけるレジの混雑解消を図るほか、閉園時に行う釣り銭確認などの事務処理を省くことが可能になり、より効率的なパーク運営が可能になるとしています。また、チャージを行うとプレミアムチャーボーナスや各店舗で利用出来るクーポンが配布されるのも特徴。

今回の電子マネーはNFCやFeliCa非対応端末でも利用でき、画面に表示されるバーコードをスキャンすることで決済を行う仕組みです。具体的には、レジ決済時にバーコード画面をクルー(店員)に提示し、それを専用のバーコードリーダーでスキャンすることで決済を行います。

サービス開始時はNTTドコモのAndroid端末のみが利用可能ですが、順次、各キャリアに対応して行く方針とのこと。今後はスマートフォン1台で、パーク内のあらゆるサービス(優先入場チケットなど)を楽しめるシステムを導入する計画で、NFCなどによる電子決済も今後は導入していく予定としています。

USJはNECと共同で、ITによる効率化を積極的に取り組んでおり、クルーが着用する衣裳管理のオートメーション化や、年間パスポートにおける顔認証システムの導入を行っています。

[NEC]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます