ウィルコムは6日、全国のウィルコムプラザにてiPhone 4S(16GB)の取扱いを7日から開始すると発表しました。ウィルコムが取り扱うiPhone 4Sは、ユーザーがソフトバンクと別途契約する形が取られます。

softbank-willcom-waribiki

同時に始まるキャンペーンでは、現在ウィルコムを利用中または新規契約するユーザーが、ドコモ・KDDIからMNPでiPhone 4Sを契約すると、ソフトバンク経由で「ソフトバンクセット割」が適用され、毎月のパケット通信料が3,380円となります。

iPhone 4Sは最新機種の「iPhone 5」と比較すると、LTE非対応、スペック的に若干劣るなどの欠点がありますが、iPhone 4Sでもブラウジングや動画・音楽の再生などを十分に楽しむことができ、スペック的には問題はありません。

通話用にウィルコムを利用しているユーザーが、パケット料金を押さえながらiPhoneを使う場合には最適なキャンペーンかもしれません。

[ウィルコム]