ソニー、XperiaZにアップデート配信 「突然死」に対応か

ソニーは22日(現地時間)、海外モデルの「Xperia Z(C6603)」に対してファームウェアのアップデートを配信しました。このアップデートは一部のXperia Zで発生してた、突然電源が落ち再度電源を入れることができなくなる「突然死」問題に対処したアップデートであるとみられています。

 xperia-z-500x436

今回公開されたファームウェアのビルドナンバーは「10.1.A.1.434」。このアップデートでは改善内容については明記されませんでしたが、海外のXDAフォーラムではこのアップデートはXperia Zの「突然死」問題に対処するためのものではないかと議論されています(リンク)。

ソニーモバイルは14日(現地時間)、一部のXperia Zにおいて「突然死」問題が発生していることを認めており、次のアップデートでこの問題に対処することを表明していました。

なお、このアップデートはソニー製のスマートフォン管理ソフト「PC Companion」やOTA(over-the-air)で適応することが可能です。

[GSM Insider]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます