X Phoneはデザインのカスタマイズが大きな特徴に?―年末にはモトローラ製Nexus端末も

Android and Meは28日(現地時間)、モトローラの未発表スマートフォン「X Phone」に関する噂を複数掲載しており、それによるとX Phoneはストレージと外装のカスタマイズが可能で、スペックはHTC製スマートフォン「HTC One」と同程度になるとのことです。また、モトローラはX Phoneとは別にNexusブランドのスマートフォンを年末に発売するとも伝えています。

 x-phone-prototype-back

Android and Meは、「あくまでも噂です」と初めに注意を促したうえで、X Phoneやモトローラ製Nexus端末、Googleのスマートウォッチに関する噂を複数掲載しています。

X Phoneがカスタマイズできるのはストレージと外装デザイン、プリインストールされるアプリのみに限られ、CPUやRAMなどその他のハードウェアのスペックは変更不可能であるとしています。外装の色の選択肢は無限ともいえるほど多くの組み合わせがあり、その素材も「プラスチック・金属・カーボンファイバー」の中から選択ができるとしています。

また、X Phoneの裏面にはモトローラのロゴを兼ねたソフトタッチボタンが備えられ、様々なアクションの機能がカスタマイズできるとのことです。

大容量バッテリーが搭載されるなど、様々な憶測を呼んでいるX PhoneのスペックはHTC Oneと同程度に留まるとしています。HTC Oneはクアルコムのクアッドコアプロセッサ「Snapdragon 600」やフルHD解像度のディスプレイを搭載するフラグシップスマートフォンなので、X Phoneは今年のハイスペックスマートフォンと同等のスペックになると予想されます。

なお、同端末の発売は6月に計画されていたものの、製造に関わる問題が発生しており、実際には7月になるとしています。また、これに加えてGoogleのスマートウォッチもX Phoneと同時に発表・発売されると伝えています。

さらに、モトローラはX Phoneとは別の、Nexusブランドのスマートフォンを年末に発売するとしています。次期NexusフォンはLG製になるという噂がありますが、それとは別に提供されるとのことです。

これまでスペックに主に焦点があてられていたX Phoneですが、どうやらデザインのカスタマイズが同端末の大きな特徴となりそうです。X Phoneはガジェットがもともと好きな人だけではなく、一般の人にも訴求力のある製品となるのかもしれません。

[Android and Me via Android Authority]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます