米アップル決算は増収減益、iPhone・iPad売り上げ伸ばす ―2013第2四半期

米アップルは23日(現地時間)、2013年1月~3月期(2013年第2四半期)の決算を発表しました。

売上高と純利益

  • 売上高は前年同期比11%増の436億ドル(約4兆3350億円)
  • 純利益は前年同期比18%減の95億ドル(約9440億円

販売台数

  • iPhoneの販売台数は前年同期比7%増の3740万台
  • iPadの販売台数は前年同期比65%増の1950万台
  • Macの販売台数は前年同期比2%減の395万台
  • iPodの販売台数は前年同期比27%減の560万台

iPhoneやiPadの売上が伸びているのにもかかわらず増収減益となった背景には、「iPad mini」の利益率の低さがあると思われます。iPad mini登場後、タブレット市場の主戦場は10インチから7インチへと移行しており、アップルにとってiPad miniの収益性の低さは悩みの種となりそうです。

[THE VERGE]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます