米アップル、A7プロセッサの製造委託先からサムスンを除外か

KoriaTimesは10日(現地時間)、米アップルが次世代プロセッサ「A7」の製造委託先からサムスンを除外し、台湾TSMCへ生産の委託先をシフトさせる計画を進めていると報じています。

a7

情報によると、A7はTSMCの20nmプロセスで製造されるとのこと。新しくなったApple TVに搭載されているA5は32nmプロセスで製造されており、アップルはA7でさらなるプロセスの微細化を進めるようです。

A7は来年早々に量産化を開始するだろうとDigiTimesが伝えており(参照)、今年発売されるであろうiOSデバイスには、現行モデルであるiPhone 5などにも搭載されている「A6」が採用される可能性があります。現行のA6は32nmプロセスで製造されており、今年、実質的な設計の見直しが必要になるであろうとMacRumorsはまとめています。

また同記事では、サムスンはNVIDIAのグラフィックスチップの生産を行い、工場の稼働率を高めるだろうとしています。モバイル向けプロセッサにおいてはNVIDIAは「Tegra 4」を、サムスンは「Exynos 5 Octa」をそれぞれ発表しており、次世代CPUの開発競争はますます激化しているようです。

[MacRumors]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます