米国特許商標庁は25日(現地時間)、米アップルが、iPhoneを利用して車の場所を特定する特許と、iPhoneを利用して車のエンジンをかけるための特許の2つを出願したと公表しました。

find-car-iphone

まず、最初の特許は”Method for locating a vehicle”というタイトルで提出されました。この特許では、モバイルデバイスがBluetoothを利用して、駐車場のどの位置に車があるのかを見つける方法について記載されています。駐車場も無線通信施設を備えており、それによって正確な車の位置を特定できるとしています。

さらに、もう一つの特許 “Accessing a vehicle using portable devices” では、iPhoneを利用することにより車のロックの解除・エンジンのスタート・ラジオの起動・シートの調整・ヘッドライトのON・サンルーフのオープンも可能だとしています。さらに、乗車する人によってシートやミラーの設定を変えることもできるとのこと。

すでに私たちはおサイフケータイなどを利用することにより、財布を持ち歩かなくてもショッピングを楽しむことができますが、近い将来スマートフォンをかざすだけで車を利用できるようになるのかもしれません。

[米国特許商標庁 via CNET / AppleInsider]