米アップル、地図バグの仕分け人を募集

米アップルは6日(現地時間)、同社のiOS 6マップに関する新たな求人「Maps Bug Triage Engineer」を公開しました。

jobs.apple.com

「triage」とは、医療などの分野で対象(患者)の重要度・緊急度を分別し、「優先順位を決定すること」を意味します。つまり今回の求人では、マップに関するバグを見極めて再現し、解決すべき順位を示すエンジニアが求められているといえます。

応募に必要な要件は以下の通り

  • 複雑なシステムにおける技術的問題をトラブルシューティングした経験がある
  • 細部にまで至る優れた注意力を持っている
  • 大規模なバグ管理システムに精通している
  • 口頭および文章での英語コミュニケーションに優れている

今回提示された要件からは、どんな細かいバグも見逃さず、品質向上のための優先順位をつけることができるエキスパートを求めていることがわかります。iOS 6.1.3になって徐々に実用的になってきたアップル独自の地図ですが、今後もさらなる改善と進化が続くことを期待します。

[Apple via Apple Bitch]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます