米アップルのクックCEOとコーヒーを楽しむ権利が出品、現在約894万円に高騰中

世界のセレブとの貴重な体験を提供しているオークションサイトCharitybuzzに24日(現地時間)、米アップルのCEOを務めるティム・クック氏と、アップル本社でコーヒーとお喋りを楽しむ権利が出品されています。

WS000010

このお茶会には2人までが参加することができ、会話時間は30分から1時間になるとのこと。もちろん権利の転売や二重オークションは禁止されており、当選者とその同伴者にはセキュリティースクリーニングが必要になります。

オークションの終了時刻は5月14日16時08分(現地時間)に設定されており、落札代金はチャリティーとして世界の人権問題に取り組むRobert F. Kennedy Centerに送金されるとのこと。

このオークションは当初5万ドル(約496万円)を目標に出品されましたが、この記事の執筆時には35件の入札があり、現在9万ドル(約894万円)にまで高騰しています。

クック氏と公の場以外で直接会話する機会は、アップル社の重役か同氏の友人でもなければなかなか得られない貴重な体験なのではないでしょうか。アップルの未来の製品や今後の方針について聞くのも面白そうですし、あるいはクック氏と気ままな会話を楽しむのも、また贅沢な権利の使い方かもしれません。

[Charitybuzz via THE VERGE]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます