Red Sweater SoftwareのDaniel Jalkut氏は25日(現地時間)、米アップルが開発者向けイベント「WWDC 2013」のチケットを購入できなかったデベロッパー登録者に対して、再度チケットを購入するための案内の電話を始めていると伝えています。

wwdc13-about-main

Eric Doleki氏によると、アップルの開発者サポートチームからかかってきた電話に対し、同氏がエラーでWWDC 2013のチケットを購入できなかったと伝えたところ、サポートチームはすでにDoleki氏の名前でチケットを予約しており、12時間以内にチケットの購入方法を記載したメールが届くだろうと案内したとのこと。

話を聞く限り、この救済措置はチケットの再販ではなく購入失敗者に対する救済措置のようですが、PCの前に張り付いていたにも関わらず処理エラーでWWDC 2013のチケットを購入できなかった開発者には、もしかするとアップルからの救済措置の電話がかかってくる可能性があります。

[BlogTwitterMacRumors]