廉価版iPhoneの10色展開をイメージしたCGが公開

3DモデラーのFerry Passchier氏は、米アップルが開発中と噂される「廉価版iPhone」に、10色のカラーラインナップが登場することを想定したイメージCGを公開しています。

iphone_hand1

iphone_black1 iphone_darkblue1 iphone_green1  iphone_orange1 iphone_pink1 iphone_purple1 iphone_red1 iphone_white1 iphone_yellow1 iphone_lightblue1 

すでに「iPod touch」や「iPod nano」、「iPod shuffle」は多色展開がなされており、その流れが廉価版iPhoneに取り入れられても不思議ではありません。さらに、次期iPhone(通称:iPhone5S)も従来の白と黒に加えて、もう1色新たにカラーバリエーションが加えられるとの噂もあり(記事リンク)、2013年以降のiPhoneは「カラー」を武器にするのかもしれません。下に、Tactisが以前公開した廉価版iPhoneのものと思われる背面部品を掲載致します。

iphonebudget1

[9to5 Mac]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます