コーラが無色透明に!分子レベルでろ過可能なハイテクタンブラー「OKO」が話題

驚異的なろ過性能をもつ携帯型浄水器「OKO」が、国内外で大きな人気を呼んでいるとのことです。このOKO、フィルター部分にNASAが開発した最先端の電気吸着式フィルターを搭載しており、コーラの色素でさえも除去可能という、常識外の性能を誇っています。

8 

実際に、コーラをろ過している様子がYoutubeで公開されています。ろ過にはキャップ部分に一体化された3段階のフィルターシステム(OKOフィルター)を用いており、この中に前述の、NASAが宇宙船向けに開発した電気吸着式フィルターも含まれているとのことです。

無題cg無題 

また、開発元のウェブサイトではフィルターテストの結果も公開されています。このテストは平均粒径5nm(0.005μm)の色素粒子を含むインクジェットインクを水に溶かして、フィルターA(孔径0.025μm, 電気吸着なし)・フィルターB(孔径0.1μm, 電気吸着あり)・OKOフィルターの3種類のテストで比較したものですが、OKOフィルターは他のものに比べて圧倒的にろ過能力が高く、必要な圧力も低くなっていることがわかります。

 図2

容量は550mL(2,980円)と650mL(3,280円)の2種類があり、キャップ部分の色は計6色から選択可能(ただし、国内では交換用フィルター単体での取り扱いはされていないようです)とのこと。また、OKO(550mLボトル)本体の価格を使用水量で割った1回あたりの費用は2.8円となっており、「ボトルフィルター商品の中では最も経済的」と訴求しています。

日常的にミネラルウォーターを購入している人には経済的に大きなメリットのある商品だと思いますが、気になる方はチェックされてみてはいかがでしょうか。

[OKOH2O.com via IRORIO]
[R.more(国内代理店)]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます